在学中に高度なスキルが身に付く情報系の専門学校を探してみよう

学生16

情報系の専門学校の中には、在学中にプログラミングやネットワーク、セキュリティなどを一から学べるだけでなく、IT分野の様々な資格を取得できるところが少なくありません。また、IT企業やゲーム制作会社への就職実績が良いところもあり、将来的に恵まれた待遇でスキルを活かしたい場合には、じっくりと進学先を決めることが大切です。


情報系の専門学校のカリキュラムに注目しよう

情報系の専門学校のカリキュラムは、コースによって大きく異なりますが、最近では二年から四年程度の時間を掛けてプログラミングや動画制作、セキュリティ対策など様々な分野を学べるところが増えています。また、情報処理に関する国家試験の受験を希望する学生を対象としたカリキュラムを組んでいる学校もあり、入学前に気になる学校の特徴を比較してみましょう。

たとえば、卒業後に情報系の専門的な知識や技術を生かした仕事がしたい場合には、演習や実習などの実践的なカリキュラムがある学校を探すことがおすすめです。なお、自分の進路や目標に合う学校を選ぶうえで、オープンキャンパスや入学説明会などの機会を利用して、担当の教員に具体的なカリキュラムの内容について質問したり、模擬授業に参加したりすると良いでしょう。

その他、カリキュラムだけでなく、卒業までに必要な単位の数や学習方法についてもよく確認しておきましょう。

情報系の専門学校の学費を調べてみよう

情報系の専門学校は、授業中にパソコンをはじめとする機器を利用する機会が多く、IT分野のプロの講師に指導を受けられることから、他の分野の学校と比べて学費が高めに設定されているところが目立ちます。特に、プログラマーやシステムエンジニアなどの専門職を目指せるコースについては、一年間で百万円から二百万円ほどの授業料が掛かることもあります。

そのため、入学前に興味のある学校の学費の相場を把握しておくことが大切です。また、授業で使用する情報系のテキストの中には高額なものが少なくないため、必要に応じて中古本を利用したり、友人同士で貸し借りをしたりするのも良いでしょう。

情報系の専門学校の学費を最小限に抑えたい場合には、成績優秀者を対象とした奨学金の制度のあるところや、特待生の募集を行っているところを入学先の候補に選ぶことがおすすめです。

情報系の専門学校の講師の経歴を確認しよう

情報系の専門学校で将来に役立つ専門スキルを効率よく習得するうえで、志望校を選ぶ際に、在籍中の講師の経歴にきちんと目を通すことが大切です。中でも、大手のIT企業で長くエンジニアとして働いた経験を持つ人や、難易度の高い情報処理の国家資格を持つ人を講師として採用している専門学校は、多くの若者の間で人気が集まっています。

また、経験豊富な講師にしっかりと学習サポートを受けるために、少人数制の授業が行われている学校を探すことも大事です。講師の質の高い情報系の専門学校の魅力については、様々な進学情報誌などで取り上げられることがあります。

そこで、進学先の選び方に少しでも迷っているときには、信頼できる媒体を利用して、各教科の授業を担当する講師の特徴をしっかりと調べておきましょう。なお、情報系の専門学校を卒業した後に大学や大学院に進学をしたい場合には、博士や修士の学位を持つ講師に進路指導をしてもらえるところを選ぶのも良いでしょう。

情報系の専門学校の就職実績にこだわろう

情報系の専門学校の卒業後にIT企業やゲーム制作会社などに就職をしたい場合には、就職実績にこだわって進学先を決めることが重要です。特に、様々な業界とコネクションのある情報系の専門学校は、多くの高校生や若年層の社会人の間で魅力的な存在として捉えられることがあります。

最近では、在学中に興味のある企業でインターンや実習などの体験ができる情報系の専門学校の数も増えており、自分に合う仕事を見つけたり、就職活動を有利に進めたりするうえで絶好の環境が整っています。また、就職活動の不安を解消するため、エントリーシートや履歴書の書き方や、面接の受け方などをしっかりと教えてくれる学校を優先的に探してみましょう。

長年の実績がある学校法人が運営する情報系の専門学校においては、就職活動に役立つ資格の取得のためのサポートを行ったり、学校推薦で優良企業の求人に応募できたりするところもあります。そこで、将来を見据えて学校選びをするうえで、実際に情報系の専門学校に通って希望通りの企業に就職をした人の体験談を参考にすることがおすすめです。

推薦入試で目的の専門学校へ入学するためにしなければならないこと

社会人を対象とした情報系の専門学校も増加中

情報系の分野に関心のある社会人を対象とした専門学校の数は全国的に増加しており、キャリアアップや資格取得を目指す人にとって、魅力的な存在として位置づけられることもあります。特に、夜間や土日祝日の昼間に授業が行われる情報系の専門学校は、仕事帰りの時間や休日を使って無理なく学習を続けることができるため、幅広い年齢層の社会人から支持が集まっています。

また、各地の都市部においては、パソコンやスマホを使って自宅に居ながらレポート課題の提出や定期試験の受験ができるシステムが導入されている情報系の専門学校も多くあります。そのため、仕事やプライベートに負担をかけることなく情報系の専門スキルを身に付けたい場合には、社会人への手厚いサポートが行われている専門学校を見つけることが大切です。

その他、学費を無駄にしないために、実績のある学校の入学願書やホームページなどに目を通しながら、卒業後の専門スキルの活かし方について、入学先を選ぶ際にきちんと理解を深めておきましょう。

経済的に余裕のない時には通信制の情報系の専門学校がおすすめ

通信制の情報系の専門学校は、施設利用料や授業料などが安く抑えられており、経済的にそれほど余裕がない人も安心して学べるといった魅力があります。たとえば、学習サポートが充実している学校の中には、仕事や育児などが忙しい人でも隙間時間を使って学習ができ、インターネットを使って教員や同級生とコミュニケーションが取れるところも少なくありません。

また通信制の情報系の専門学校を卒業するためには、学校によってスクーリングや実習の参加が義務付けられていることがあります。そのため、スムーズに卒業を目指すにあたり、説明会や相談会などのチャンスを利用して、在学中の通学日数についてあらかじめ確認しておく必要があります。

関連情報《学生の皆さまへ専門学校のご案内|就職に強い大原学園